良い体を保つためのお手伝いをします

中国が持つすっぽんの歴史は非常に長く、かの楊貴妃も愛着があったと言われているくらいです。すっぽんは含まれている栄養が多いので、病気が治った後、落ちた体力を取り戻すために食べるといいとされていました。薬としても使われており、特に江戸時代では容易に手に入れることが可能でした。そんなすっぽんは、現代でも若々しさを保ってくれると評判を呼んでいます。
すっぽんが秘めている力とは、一体どれほどのものなのでしょうか。

 

・すっぽんは丸ごと摂取出来る
丸ごと、と言っても丸かじりするわけではありませんよ。捨ててしまえる部分がないのです。
すっぽんの甲羅にはコラーゲンという質の良いタンパク質が含まれています。このコラーゲンを摂ると肌が良くなるのですが、すぐに効果が発揮されるわけではありません。
まずタンパク質へと分けられ、ペプチドという成分に変わった後、最終的にはアミノ酸となって体内のあちこちへと運ばれていきます。

 

柔らかく張りのある肌になるのは、保湿効果が高いからです。アミノ酸がコラーゲンを取り込みやすくしてくれるため、コラーゲンが直接働かなくても肌には効果が現れます。アミノ酸はもともとコラーゲンなのですから、それがたっぷり含有されたすっぽんの美肌効果は決して間違いでも大げさでもないのです。

 

・優秀な成分は他にもある!
すっぽんが秀でているのは何もコラーゲンだけではありません。ビタミンや必須脂肪酸だって多いんですよ。荒れた肌を治してくれるビタミンB2に、乾燥を防いでくれるビタミンA。皮膚に出来たシミですら取り除いてくれるのです。
コラーゲン・ビタミン類・アミノ酸。この3つのおかげで、美しく綺麗な肌を維持することが出来るのです。
なお必須脂肪酸だけは体の中で作り出すことが出来ません。そうなると食べ物から摂るしかないのですが、これがなかなか大変です。どうしても摂りたいのなら、美肌に関する栄養がまとめて手に入るすっぽんが一番適しているのです。

 

こうしてみると、すっぽんの栄養価の高さには驚いてしまいますね。この必須脂肪酸の豊富さは、他の食材と比べても飛び抜けています。
余計な脂肪を減らしてもくれますし、血圧を下げてくれるので、高血圧で悩んでいる方には有り難いでしょう。さらに潤いのある肌にするための水分や油分を確保してくれるので、保湿効果も向上します。
必須アミノ酸だけでなく、普段からきちんと摂らなければならないビタミンやカルシウムなどが体の隅から隅まで染み渡った時、健康な体と美しい肌が出来上がります。

 

楊貴妃が好んでいたのも、恐らくは体の内側も外側も良いものにしてくれるという効果があるからでしょう。どんなに見た目が美しくなっても、中身がボロボロでは意味がありません。崩れやすい外側を保つには、まず体の中から変えないといけない。
楊貴妃はきっと、その大事な部分に気が付いていたのでしょうね。

 

・最後に
すっぽんは美しさを保ち続けるために必要な効能がぎっしり詰まっています。血の流れを良くしてくれ、冷え性を和らげてくれたり、ダイエットのサポートにも適しています。
上手く活用して、いつまでも綺麗で健全な体を維持していけるように、努力を重ねましょう。